消費者ローンを一度利用しました。

それは私が就職したばかりで、入社した会社で研修を受けていた時の話です。

 

会社に突然、福岡の実家から電話が掛かってきました。
祖父が亡くなったというのです。

 

まだ私は研修期間中だったため、会社はすぐに忌引き扱いで、3日間の休暇を与えてくれました。
私は東京・恵比寿の会社をでて、福岡の実家に向かうために自宅に戻ることなく、そのまま羽田空港に向かうことになりました。

 

しかしここで問題が起きたのです。
福岡の飛行機に乗るためのお金がなかったのです。

 

直前まで大学生だった私は、それほど貯蓄はなく、さらにその貯蓄をすべて大学の卒業旅行と引っ越し、さらに始まったばかりの新生活のために使い切っていました。

 

どうせ、初任給が貰えたら大丈夫だと思ったのです。

 

当時は格安航空会社もなく、福岡・東京間の航空チケットは、4万円以上するものでした。
親に送金して貰うことも考えましたが、なにせ祖父が死んだばかりです。両親は葬儀の準備で忙しいに決まっています。

 

そこで私は消費者ローンに頼ることにしました。
必要な金額は、とりあえず東京と福岡往復の飛行機チケット代で、10万円もあれば十分だと思いました。
返済に困ったら借金相談を聞いてくれる事務所があるのも背中を押してくれました。

 

新卒採用で社会人になったばかりで、きちんと融資して貰えるか非常に心配していたのですが、大丈夫でした。
手続きも無人ATMに自動車免許を提示して、必要事項を記入するだけで済んで、案外簡単なものだなと感じました。

 

消費者ローンで融資して貰った10万円については、その月の給与が支給された時に返済しました。
1万円くらい利息を取られるのかと覚悟していましたが、利息は数千円で納まって、意外に安いものだと感じた記憶があります。
なかなかお金は他人には借りづらいので、非常時には消費者ローンを利用するのもありだと思いました。